絶対音感って?

他の音との比較なしに、音を聞いただけでその音名がわかる能力のことです。

私も年とともにだいぶあやふやになってきましたが、絶対音感がついています。

この『絶対音感』という言葉ですごい能力だと思われがちですが、決してメリットばかりではありません。

絶対音感保持者のメリットとデメリットをこちらにあげてみます。

 

【メリット】

・耳で聞いただけで、楽譜を見ずにすぐに演奏することができる。

・アカペラで完璧に音の高低を歌うことができる。

・耳が良いので外国語の発音を上手に再現できる。

【デメリット】

・全ての生活音がうるさい。

・BGMも全部ドレミファソに聞こえる。

・歌詞が入って来ない。

・移調が苦手。

 

もうひとつ『相対音感』というものがあります。

相対音感の人は、音の基準を自分のなかに持っていません。

ですので、基準になる音を教えてもらえると、体のなかのものさしを使って、音の高低をはかったり、音名を答えられたりします。

ピアノを長年習っていると、相対音感は自然と身につきます。

 

そして、上にのべたメリットが相対音感保持者であっても完璧にできる方は

たくさんいらっしゃいます。

 

どうやって身につけるの?

絶対音感を身につけるためには年齢にタイムリミットがあります。

3歳から6歳といわれていますが、早ければ早いほどいいというわけではありません。

トレーニングするには、子供さんも今はレッスンに来ているという、自覚がないとトレーニングは難しいです。

反対にかなり物事がわかっている子であれば2歳代でも可能です。

音は、最初は和音のハーモニーだけで覚えていきます。

最初は二つのサンプルのみを何回も聞いて、和音が一つ前とかわったかどうかから始めます。

これが2~3歳の子はなかなかわからないものなのです。

最初は意気揚々と答えていた生徒さんも、間違いを連発するとどんどん自信喪失して、やるのが嫌~!っていうことになってきます。

それでも絶対音感は身につけさせたい!という親御さんの強い意志と、

教室で5分だけのレッスンではもちろん身につかないので毎日のおうちの方のフォローが必要不可欠です。

そして、トレーニングをやったからといって必ず絶対音感が身につく保証はありません。

小さいうちから始めても、すでにもっと小さいうちに相対音感がついてしまっている子もいるのです。

 

絶対音感は必要?

これまでのピアノレッスンは、子供たちにとってつらいものでしかありませんでした。

反復練習をたくさんして努力と忍耐ばかりを強いられてきたからです。

楽譜がなくても耳コピでピアノが弾けたり自分なりに作曲をしたり、アレンジして弾くことができるようになると、音楽やピアノを心から楽しめるようになります。

ピアノは好きなのにピアノレッスンが嫌いになったために、ピアノまでキライに

なってしまわないように絶対音感をつけることは良いことかもしれません。

メモ: * は入力必須項目です

〒225-0012

横浜市青葉区あざみ野南

       4―2―23

☎045-912-6589

 090-6900-6774

✉tayrdm1996@gmail.com